意外と難しい、間接照明の失敗しない置き方とは!?

テレビの裏に置いてみよう

間接照明を置く時に注意したいのが、照明の隠し方です。オシャレな空間を演出しようと間接照明を置いても、それがむき出しでは雰囲気が台無しです。テレビの裏だと、テレビが間接照明を自然に隠してくれるだけでなく、陰影がテレビによってできるので、空間に奥行がうまれ雰囲気を劇的に変えてくれます。テレビの近くにはコンセントもあるので、生活感が出てしまう間接照明のコードも隠せます。これだけでリラックスできる空間を作れるので、ぜひ試してみましょう。

ベッドの裏に置いてみよう

ベッドと壁の隙間から光がもれるように間接照明を置くと、リラックできる空間を演出できます。枕元の壁を照らすようにすると良いでしょう。ベッドによって間接照明を簡単に隠せるので挑戦しやすい場所でもあります。天井の上に取り付けられた明るすぎる照明を寝る前にあびすぎると、寝つきが悪くなることもあります。ベッドの間接照明を使い、就寝前にリラックスをしてから眠ると、質のよい睡眠をとることができます。照明の明るさを調節することができるものだと、手元の明かりが欲しいときにも便利です。

観葉植物の裏に置いてみよう

間接照明では、光だけでなく影も重要になってきます。床に置いた観葉植物の裏に間接照明を置くことで植物の影を作りだし、部屋に立体感を生むことができます。また、観葉植物がうまく間接照明を隠してくれます。明かりが天井にあるよりも足元にあるほうが、リラックスできる効果があります。疲れたなと思ったときは、足元に置いた照明だけの明かりで過ごすと良いでしょう。色は白い照明よりもオレンジ色の方が、リラックス効果がより高まります。

照明とは、部屋の中などに設置される明かりのことで、白熱電球や蛍光灯、LEDなどが一般的です。作業に合わせた適切な明るさを保つことで、目の疲れなどを防止することができます。